新着情報

新着情報

戦略フォーラム開催案内

2022.09.22

下記により、「SIC戦略フォーラム」(会員限定イベント)を開催します。


(第1回~第5回は終了しました。第8回(10月24日(月))最新テクノロジー活用におけるアーキテクチャの重要性」、第9回(10月27日(木))「小売流通システムのDXに向けた現状と課題」の開催が決まりました。)

「SIC戦略フォーラム」第1回~の全回の内容は、こちら(SICイベント情報のページ)をご覧ください。

—————————————————————————————–

「SIC戦略フォーラム」(第6回)

==== 第6回 SIC戦略フォーラム ===

日時 2022年10月4日(火)(オンライン開催)

講演題目「保険業の将来とシステム化」

 時間 15:30 ~ 16:30 

 講師  藤井 紳也 様 

    SOMPOシステムズ株式会社 取締役執行役員

 概要  保険業界の現状について、損害保険業界を中心に近年の外部環境変化の影響と

    システム化の事例を交えて紹介します。

     また、保険会社は金銭的な損害・損失を補填するという本来的な役割にとどま

    らず、お客さまの安心・安全に貢献していくという方向に各社の戦略を打ち出し

    ており、そこに対する取組状況やシステム活用の課題についても解説します。

—————————————————————————————–

「SIC戦略フォーラム」(第7回)

==== 第7回 SIC戦略フォーラム ===

日時 2022年10月5日(水)(オンライン開催)

講演題目「人生100年時代におけるヘルスケア・システムイノベーション」

 時間 15:00 ~ 16:00 

 講師  山本 義春 様 

    東京大学大学院教育学研究科 教授

 概要 健康・医療研究にシステム科学技術を組み込んで現代社会の日常生活に内在する

   健康被害要因を明確化し、制御の可能性を研究することによって、それらに起因す

   る疾患の発症予防ならびに重症化予防を目指すことが必要である。そのため、健康・

   医療関連データが大量に得られるようになる近未来の社会を念頭に、発症や重症化

   のリスクを予測し制御するデータ融合型の新たな技術体系の確立とそれを用いた健

   康・医療システムの構築を展望する。海外動向についても時間の許す限り紹介する。

   

—————————————————————————————–

「SIC戦略フォーラム」(第8回)

==== 第8回 SIC戦略フォーラム ===

日時 2022年10月24日(月)(オンライン開催)

講演題目「最新テクノロジー活用におけるアーキテクチャの重要性」

 時間 16:00 ~ 17:00 

 講師  浦川伸一 SICセンター長 

    損害保険ジャパン株式会社 取締役専務執行役員

 概要 デジタル技術を活用したトランスフォーメーション、いわゆるDXがブームなって久

   しいが、各企業のシステム環境はどこまで進化を遂げているであろうか。垂直統合か

   ら水平統合へビジネスモデル変革を余儀なくされる中、既存システムに多くの労力・

   コストを費やしてはいないか。

    Web3.0の登場やTrusted Webによるインターネット技術の進化、急速なAI技術の進

   化、データ利活用、クラウドシフトなど、ITやデジタル技術は例を見ない多様な環境

   変化が生じつつある。また、ESG経営など、新たなアジェンダも加わり、企業は、今ど

   のようなシステム戦略を立てるべきなのだろうか。

    これら実装には、それぞれの要素技術の理解に加え、アーキテクチャの確立、国際

   標準などのルール形成、人材育成など、多岐に渡るテーマがありそうだ。

    そこで、ユーザー企業IT部門の目線から、論点を整理し、我々が着手すべきアジェ

   ンダについて皆さんと議論してみたい。

   

—————————————————————————————–

「SIC戦略フォーラム」(第9回)

==== 第9回 SIC戦略フォーラム ===

日時 2022年10月27日(木)(オンライン開催)

講演題目「小売流通システムのDXに向けた現状と課題」

 時間 11:00 ~ 12:00 

 講師  河合 亜矢子 様 

    学習院大学経済学部 教授

 概要 ものづくりに始まるサプライチェーンの全体最適化を考えるためには、その出口であ

   り消費者との接点となる小売業を包含した形での議論が不可欠である。

    しかし日本の小売流通業のレガシーなシステムと商慣習に縛られたままのオペレーシ

   ョンは、顧客への価値提供の進化を停滞させているだけでなく、サプライチェーンの各

   所にもムリ・ムラ・ムダを垂れ流している状況にある。

    本講演ではこうしたレガシーが生み出す社会的課題について紹介するとともに、SIC

   流通とシステム化分科会の1年間の活動を通して見えてきた小売流通に関わるサプライ

   チェーンのあるべき全体像と現状、そして現状の課題について議論する。

   

 

——————————————————————

・参加申込は、SICイベント参加登録ページ

 https://sysic-org.sakura.ne.jp/SICregistration.html ) 

よりお願いいたします。

PAGE TOP