新着情報

新着情報

SIC学術協議会特別講義(第2回)の開催のお知らせ

2022.02.10

下記要領で、SIC学術協議会会員(学術会員)による特別講義*(第2回)を開催します。
主催:SIC人材育成協議会

 

       =====================================

      2022年 第2回SIC学術協議会特別講義・開催案内
       オンライン開催(SIC 会員・非会員ともどなたでも聴講できます)

          =====================================

開催日時:  2022年3月28日(月) 15:00~17:00

講義タイトル: ネットワーク化された自律システム
       – Autonomy as a Service(AaaS)を目指して –


講師: 東京大学大学院情報理工学研究科
       教授 藤田政之 氏(SIC学術会員)
  

講義概要

 自動運転やドローン技術の発展に伴い,Autonomy as a Service(AaaS)と呼ばれる未来技術に関して研究が進んでいる.20世紀に確立された自動制御理論ではフィードバックの概念が重要な役割を果たしてきた.よく知られた倒立振子の例にもあるように,そこでは「自己」の安定な状態を保つことに目的が置かれていた.しかしこれから期待される自律システムのための制御理では,「自己」のみではなくその外に存在する「他者」との相互作用が重要となってくる.合わせて自己と他者が置かれている「環境」についても考えられなければならない.
 本講義では,他者や環境との相互作用を自己の観点からモデル化することから始める.そしてその内部モデルに基づき観測情報を用いて動的推定・予測しながら,自律システムを最適に制御する理論について紹介する.進捗著しい機械学習理論がこれに融合されることも述べる.さらに複数の協力的他者が環境中にある場合,そのネットワーク化による分散協調制御が実現されることを示す.人間と機械が協調し合うシステムもまた自律性の補完には欠かせないことを紹介する.ノーバート・ウィーナーが『サイバネティクス』において論じたように制御と情報を統一的に捉え,分散協調制御によるネットワーク化された自律システムの構築について展望する.

 

聴講参加費: SIC会員企業よりの参加:原則2名まで無料.2名を超えた参加および非会員:5,000円/1名 
聴講申込はこちら:
 SICイベント参加登録ページ

     ( https://sysic-org.sakura.ne.jp/SICregistration.html )  

  より、記載の案内に沿ってお願いします。

  参加申込締切り日 3月25日(金)

 

* 「SIC学術協議会特別講義」は、学術協議会会員(学術会員)による、それぞれの専門分野とそこにおけるシステムに関連する講義です。
* お問い合わせ等は、SIC事務局 office@sysic.org まで、ご連絡ください。

PAGE TOP