新着情報

新着情報

木村副センター長IEEE受賞記念講演会開催案内

2021.06.21

皆様   

 今般、SIC理事・副センター長の木村英紀先生が、2021年度 IEEE Control Systems Awardを受賞されました。

そこで、木村先生の今回の受賞を讃えるとともに、これまでの先生の足跡と産業への貢献を改めて心に刻み、システムイノベーション推進への想いを共有すべく受賞記念講演会を開催します。SIC関係者、ご協賛頂けるの方々の多数の参加をお待ちしております。

記念講演会の受付を開始しました。下記4項の申込みの

リンク情報から申し込み下さい。

—————————————————————

1.主催・共 催 

 ・主催:一般社団法人システムイノベーションセンター

 ・共催:特定非営利法人横断型基幹科学技術研究団体連合

2.後援

 ・公益社団法人計測自動制御学会

 ・大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 統計数理研究所 

3.開催日時・開催会場

 1) 日時 2021年7月21日(水)13;30~15:10

 2) 会場 ハイブリッド形式で開催             

   参加者はオンラインで参加(Teams等)

 3) 定員 300名程度

 4) 参加費 無料 多数の参加をお待ちしております

4.参加申し込みについて

 ・申込受付開始 :6月21日(月)

 ・申込締め切り :7月19日(月)

 

5.プログラム 

 1) 主催者挨拶          13:30~13:40

   SIC代表理事・センター長  齊藤 裕

 2) 木村英紀先生業績紹介     13:40~13:50

   東京大学教授 藤田政之様

 3) 木村英紀先生 記念講演    13:50~14:50

 4) 質疑応答           14:50~15:00

 5) 共催者挨拶          15:00~15:10

   横断型基幹科学技術研究団体連合会長 安岡善文

6.講演テーマと講演概要

 1)講演テーマ 

  「ホモ・システーマ」の時代:システム史観の提案

 2)講演概要

 「システム」の原語は「共に」を意味する σύν(スュン)と、「立てる」を意味するἵστημι(ヒステーミ)を組み合わせた古代ギリシア語 σύστημα(スュステーマ)「ともに立てる」である。「ともに立てる」を「協力して目的を達成すること」と理解すれば、システムは人間の行為の共同性を強調した言葉といえる。歴史が狩猟・採取社会、農業社会、工業社会と発展するにつれ人間の行為の共同性は次第に増大してきたが、それはシステムの深化拡大のプロセスとも考えられる。システムを軸とした歴史の捉え方、すなわち「システム史観」が可能とすれば、共同性(システム)の深化拡大がもたらす複雑さの増大が極限まで到達したのが現代であると言える。いま我々はシステムに取り囲まれて生きている。人と人、人と機械、機械と機械はシステムを介してつながり、システムのよしあしが我々の生活の効率と満足度を決める。良いシステムを作るために、人々は精魂を傾けている。

 システムは現代の神でありデーモンになりつつある。現代に生きる人間を象徴する言葉として「ホモ・システーマ」を提案し、ホモ・システーマ」が生きる社会、産業、技術の課題を述べる。

 

以上

PAGE TOP