• お問い合わせ

  • お問い合わせ
センター長挨拶

センター長挨拶

センター長就任のあいさつ

センター長画像

システムイノベーションセンター(SIC)の初代のセンター長に任命され、誠に身の引き締まる思いであります。 今後、本センターが、様々な分野、領域でのシステム化に向けて、中核的な存在になるように、微力ながら全力で取組んで参りたいと存じます。

さて、現在、サステナブルな社会を目指して、人を中心にした「コト」に視点をおいて、社会を変革していくことが、SDGsに代表される国際社会共通の目標になっていますが、 そうした時代背景にも後押しされ、先進的なデジタル技術の急速な進展が、社会のあらゆる領域に、これまでにない変革の可能性をもたらすデジタルトランスフォーメーションへの期待が各国、各企業で大きくなっています。
また、現在、ビジネスの領域では、最先端のデジタル技術と様々なデータを活用し、従来には無いサービスを提供する破壊的なイノベーションが勃発し、 米国、中国などの新興IT企業が、データを資源として新たなビジネス生態系(エコシステム)を創り出し、グローバルで、従来のビジネス生態系を破壊しているのは、既に皆さんも良くご存じの通りです。
こうした現在の社会、産業界で現在進行中のデジタルトランスフォーメーション、破壊的なイノベーションには、核となる技術、ノウハウだけではなく、そうした「コト」を実現する「システム」が、その中核にあり、 それ自体が競争力の源泉になっているといっても過言ではありません。
そして、デジタル化の特長を活かし、新たな形態で、それぞれの利用者へ最適なサービスを提供していくなど、 こうした新しい「コト」の実現には、従来の縦割りの視点を超え、全体を俯瞰する視点で、各業界、各分野を跨ぎ、様々な「知」をもつ関係者、 関係部署と横断的に連携しながら、その様々な技術、ノウハウなどを最大限に活用して、具現化していくアプローチ、いわゆる、「オープンイノベーション」と「システム化」が必要になります。

本センターでは、より良い社会への変革、競争力ある企業への変革に貢献するために、こうした優れたシステムの実現に不可欠である「オープンイノベーション」の場づくりを目指し、 「システム」という共通の視点で、学術界、産業界が有する様々な知の融合、統合を図りながら、その実現に向けて活動できる環境づくりをして参りたいと考えています。 そして、「システム化」に必要なリテラシーの底上げと「システム化」をリードする人材育成も含めて、社会、並びに参加企業が有する様々な課題の解決に加え、 将来の発展に繋がる次代の「システム」の創造に向けての支援をおこなって参りたいと考えています。
会員の皆様と共に、今後のデジタル社会をリードしていく様々な「システム」の実現に向け、少しでも貢献していけるよう、 本センターの活動を充実させていきたいと思いますので、宜しくご指導、ご支援のほど、お願い申し上げます。

センター長  齊藤 裕   2019年1月

PAGE TOP